アクション 映画

忍びの国 ネタバレ映画感想 伊賀の国 最強忍者の弱点は奥さん


(C)忍びの国 制作委員会

あらすじ

戦国時代。織田信長が諸国を滅ぼし勢力を拡大していた。

虎狼の族と呼ばれている伊賀の国も例外ではなかった。隣国の伊勢の国も支配下におかれ周囲の国ではついに伊賀だけとなった。

織田家に従うか、戦うか伊賀の国でも議論が行われる。伊賀の国の忍者の1人である無門もその流れに巻き込まれていく。


忍びの国

■Prime Videoで視聴できます
忍びの国
監督 中村義洋
出演 大野智

感想

織田家と伊賀の国の戦いを描いた作品。

ちょっとした謀略のようなものもありますが、あまり謀でいろいろやるような知略戦や忍者ならではの忍びの技で織田家をほんろうしたりとかそういうものがあるわけではないです。

忍者と言えばひっそりと陰で活躍するイメージですが、やはり戦になるくらいなので忍んでいる場合じゃないのです。

なので忍んで何かをやるとかはあまりなく、忍者作品というより、少し人間離れした力を持つ伊賀の人たちVS織田家、もっというと、そんな中でもさらに人間離れした無門VS織田家みたいな構図になっていました。

やる気があるのかないのか、そんな無門というキャラは良いですね。お気に入りです。

あれだけ冷徹な感じで淡々としているのに奥さんには頭が上がらないというのは面白いですね。無門と奥さんのやりとりはけっこう好きでした。

アクションとしては、中途半端に人間離れしたアクションもあって、ちょっとギャグっぽく見えたりぶっ飛びすぎだろみたいなシーンもありますが、1対1の戦いの川のシーンでは、そんな人間離れした感じでもなく、真っ当な殺陣が繰り広げられるので、この真っ当な路線で終始行けばよかったのではないかなとも思いました。

最後の無門と下山の戦うシーンは、手数も多く大変だったろうなと思います。最後のクライマックスの名シーンでした。

伊賀の国の忍者たちは、人間の心を持っていないものとして描かれ、こういう心のないものが現代の世の中に広がっていったんだっていう流れで終わりました。

ただ現代人がこの物語の伊賀忍者みたいに心無い人間かというとそうでもないので、現代社会の問題に訴えたのでしょうが、ちょっと違うのかなとも感じました。

この心情の描き方が弱いのはいくつかあるのですが、例えば、北畠の娘が侵入してきた無門をなぜか信じて、やることはやったみたいに自害したりするのですがちょっとよく感情移入できないシーンがあるので、こういう部分の表現があまり上手じゃないのかなと感じました。

まとめ

無門も伊賀の国で育ったため、基本的には人の心を持っていない感じでした。奥さんの存在が人の心を無門に芽生えさせたのでしょう。このあたりの無門の心の変化を持たせるためのエピソードはちょっと弱いかなとも思いました。

現在社会でも心無い事件もありますが、基本的には性善説を信じているので環境が人を変えるんだろうなということが映画を通じて感じたことです。

キャスト

監督 中村義洋

大野 智(無門役)

自称伊賀の国で一番というだけあって実力が飛び抜けている。あちこちに簡単に忍び込みすぎ。
あれだけできるなら暗殺でいろいろ終わってた気がしますが、それやると話が終わってしまうのでいいとしましょう。
お国と知り合って人の心を得ることができたようですが、あれだけ冷酷だった人がそこまで変わるのは余程だなと思いました。

石原 さとみ(お国役)

無門を手なずけるすごい奥さん。こういう役柄は非常に似合ってるなと思いました。

最後ああいうことになったのは、無門に人の心を取り戻させるための最後の一押しのためなのか。ああいうことなくても無門は人間らしい心は戻せたと思うので、脚本的にああしなくてもよかったと思います。

鈴木 亮平(下山平兵衛役)

冒頭から弟を殺され、うまく出し抜いたつもりが、すでにマインドコントロールされてるんだみたいなことを言われて、最後の最後までなんだか救えない。かわいそうな役でした。

知念 侑李(織田信雄役)

よわよわな子かと思いきや、実はけっこう強かったりします。意外性の男でした。

平 祐奈(北畠凛役)

何をもって無門を信じることにしたのかは謎。面識のない忍者に家宝ともいえる品を渡して、もうこれでやることはやったと思えるのは、どうしてなのかさっぱりわからなかった。獄中で精神的に病んでたとしか思えない。

満島 真之介(下山次郎兵衛役)

能天気な子かと思いきや戦いになると意外と真剣。実力があったのかないのかよくわからず。

でんでん(下山甲斐役)

人の心を持たない忍びの代表みたいな役柄、家族にも仲間にも冷徹という虎狼の族を体現したような人。

立川 談春(百地三太夫役)

最後の最後まで悪運強く生きているイメージ。一番印象が悪かったかな。

國村 隼(北畠具教役)

出演者の中で貫録がNO.1。君が実は織田信長じゃないのかというくらいの貫禄。こういう雰囲気を出せるのはさすがですね。

伊勢谷 友介(日置大膳役)

史実と照らし合わせているのでしょうがないのですが、全然主君を裏切りそうな人じゃなくてむしろ裏切るくらいなら自害するよくらいの人だと思います。

主君が生きているのに裏切ったところがよくわからなかったですが、まあ、そこがメインの話ではないのでしょうがないですね。

映画を見るのにおすすめなサイト

ネットで映画が見れるサイトはたくさんありますが、こちらのブログでは主に下記サイトを利用しています。映画の感想を見て、映画を見たくなったらぜひ参考にしてくださいね。

[初回初月無料おためし]映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス。
簡単登録でいますぐお楽しみいただけます!

スポンサーリンク

-アクション, 映画

© 2022 なごむブログ Powered by AFFINGER5