ドラマ 映画

居眠り磐音 ネタバレ映画感想 ノーマルな時代劇を楽しみたい人におすすめ!

(C)2019 映画「居眠り磐音」製作委員会

あらすじ

 

3年間の江戸勤めを終えた坂崎磐音は、幼なじみの小林琴平、河井慎之輔とともに藩に戻った。

 

しかし、妻の舞が不貞を犯したという噂を耳にした慎之輔が舞を斬ってしまい、それに怒り舞の兄である琴平が慎之輔に噂を吹き込んだ人物と慎之助本人をも斬ってしまう。

 

さらに琴平は、不貞を犯した相手も斬り、ついに藩より琴平をを討ち取るよう命令が出る。

 

磐音も琴平を止めに行く。

 

予告編


居眠り磐音
■Prime Video
居眠り磐音
監督 本木克英
出演 松坂桃李

感想

 

冒頭から幼馴染の3人(磐音、琴平、慎之輔)が仲良く故郷に帰るシーンからは、これからの藩での生活の中で起こる出来事を3人で解決していくような話なのかと思いましたが、見事に裏切られました。

 

まさか戻った初日に、槙之輔が自分の妻が不貞したと思い込み斬り殺し、それを聞いた斬られた妻の兄である琴平が慎之輔を斬るという事件が起こるとは、だれが想像したでしょうかという展開。

 

帰宅するなり、何も話を聞かずに妻を斬り伏せる慎之輔。超短気すぎ。

 

琴平も落ち着いて話をすると思いきや慎之輔を斬り、慎之輔に噂を吹き込んだ男を斬り、不貞したと噂された男を斬るという思い切りの良すぎる行動。

 

後先考えない行動にとにかく驚くばかり。

 

そして、何も知らされずに翌朝を迎えた磐音は、暴れる琴平を止めにいき、最終的には、琴平の最後の願いで勝負を挑まれて琴平を斬るという、物語がはじまったばかりで、壮絶すぎる展開でした。

 

これ映画では全然わからないんですが、慎之輔が本当に噂だけを信じてめちゃめちゃ早とちりしたようになっているんですが、原作では藩内の陰謀でそういう噂を流されてしまっているようですね。

 

騙されたことに変わりはないですが、陰謀で騙されたら何だか同情します。

 

この映画の中での慎之輔は、そこまで自分の妻を信じられなかったのかということが前面にですぎて、ただの愚かな子になってしまうので、もう少し原作の要素を入れてくれると、慎之輔のイメージもまだ良かったかなと思いました。

 

まあ、そうなると話の展開が陰謀を画策した人との話になってしまうので、外したんでしょうね。

 

この衝撃的な序盤とは裏腹に中盤は話が落ち着いていきます。

 

中盤からは、これがこれが時代劇だみたいな展開が続きます。

 

用心棒として、ちょっとした陰謀に巻き込まれながら、時代劇に出てくる弱者を助ける浪人らしい働きを見せていきます。

 

磐音も強いのは強いのですが、強すぎはしないところがあるので、斬り合いも割と切迫した感じが出るので緊迫感が出ていてよかったと思います。

まとめ

 

序盤が衝撃過ぎましたが、それ以降は落ち着いた展開が楽しめる時代劇ですね。良い映画でした。

 

配役も良かったと思いますし、劇中で使われている音楽もけっこう好きです。

 

これが時代劇だなっていうのを楽しみたい方にはオススメです。

キャスト

監督 本木克英

松坂桃李(磐音役)

居眠り剣法と言われる剣の使い手。

財政に関わる役目に着く予定だったようで、そのためか割と頭も良いところが描かれる。

祝言を挙げるという幸せな1日になるはずだったのに、うって変わって幼馴染を斬る日になってしまった
かわいそうな主人公。

琴平を止めにいき、琴平に話しかけているのに当の琴平が横から出てきたのには、なんだか笑えた。

とにかく謙虚な人柄。

柄本佑(琴平役)

冷静に話していると思いきや慎之輔を斬ってしまう。

斬りかかってきた慎之輔も悪いんだけど、そこは抑えられなかったものか。

ここまできたらとことんやるって感じだったんでしょうが、この時代家のこともあるので、自分を抑えることが必要でしたね。

杉野遥亮(慎之輔役)

妻に言い訳する暇も与えずというか、話も聞かずに噂のかんざしを見ただけで斬りつけるという、短気を極めるとこうなるのかというほど短気。

聞く耳を持つって大事。信じるって大事。

自分の妻を怒りに任せて斬ることができるなんて、単なるヤバい奴。きっとDV気質があったのかもしれない。

木村文乃(おこん役)

金兵衛の娘。磐音のいろいろお世話をする人。原作では磐音と結婚するようですね。父親の予見通りというわけですね。

芳根京子(奈緒役)

藩のお偉いさんの誘いを受けていれば、良い暮らしはできたでしょうに。

生涯磐音の妻ですとは言ってたものの、吉原で有名になっているという展開。生きるためには致し方なかったということですね。

谷原章介(吉右衛門役)

幕府の方針に従い商いをする。いろいろ理解があるお金持ち。やはり最終的には人柄が大事だよってことですね。

中村梅雀(金兵衛役)

おこんの父親。磐音に仕事を紹介したり、家を与えたりといろいろ世話をしている。家賃支払いを待ってくれたり、とっても良い人。

柄本明(有楽斎役)

悪役としていい味出してますね。琴平役を息子さんがやってて、親子共演だなと勝手に感慨深くなってました。

磐音に何かするたびに、息子の敵討ちみたいな感じに見えてしまいました。

関連サイト

エイプリルフールネタバレ映画感想(松坂桃李出演)

続きを見る

映画を見るのにおすすめなサイト

ネットで映画が見れるサイトはたくさんありますが、こちらのブログでは主に下記サイトを利用しています。映画の感想を見て、映画を見たくなったらぜひ参考にしてくださいね。

[初回初月無料おためし]映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス。
簡単登録でいますぐお楽しみいただけます!

スポンサーリンク

-ドラマ, 映画

© 2022 なごむブログ Powered by AFFINGER5