アクション 映画

リーサル・ストームネタバレ映画感想 メル・ギブソン出てますがリーサル・ウエポンとは無関係。


(C)2020 by Force of Nature Film, LLC, and FON Film Production, LLC

この映画をおすすめしたい人

  • メル・ギブソンが好きな人
  • グロいシーンがちょっと苦手な人

あらすじ

ハリケーンが近づく中、

避難誘導の任を受けた

コルディーロとペーニャ

 

ある揉め事の通報を受けて

現場に向かうと

避難しない元警官と老人が

いることを知る。

 

コルディーロとペーニャは

避難させるために

現地に向かうことに。

予告編


感想

もう一歩設定を活かしきれなかった映画

まずは巨大なハリケーンが

近づくという設定でしたが

通信障害以外に活かされなかったですね。

 

冒頭は雨も酷くて嵐を予感させましたが

あとは建物内で繰り広げられるので

嵐である必要性があまりない。

 

トラウマを抱える主人公も

別にトラウマ抱えてなくても

良かった気がします。

 

トラウマ抱えている割には

ヒロインとすぐにいい雰囲気に

なってしまいますし。

 

自然災害と火事場泥棒を

結び付けたいなら

映画「フラッド」を

見習って欲しかったですね。

 

ちょっと舞台が

狭すぎたと思います。

だからメルも活躍できなかったのかな。

 

生き物を飼っている設定も

ちょっとヒントを与えすぎかなと。

本当に予想通りのオチになってました。

 

よく言えばわかりやすく

安心して見ていられる。

優しい映画とも言えます。

 

優しいと言えばこの映画は

人が撃たれたりするシーンは

旨いこと隠してあります。

 

なので、ちょっとそういう

暴力的な表現が苦手な方には

安心して見ることができる

優しい作品に仕上がってます。

まるでメル・ギブソンが主人公みたいですがそうではない

予告編を見ても、ポスターでもそうですが

メル・ギブソンが主人公みたいな

感じになっていますが、そうではない。

 

ちょっとこれ騙されますよね。

放題も『リーサル』なんてつけてますけど

これも反則な気がします。

リーサル・ウエポンシリーズが好きな私は

かんたんに騙されました。

 

でも、メル・ギブソンがあっけなく

退場してしまうとは思わず

あれだけは意外な展開でした。

 

メル・ギブソンの防弾チョッキが

全く意味をなさなかったのは

笑いどころなのかと思いましたが

そうではなかったです。

 

主人公があまり活躍しないので

結果的にメル・ギブソンが

主人公を食ってしまったかなと思います。

そういう存在感はさすがですね。

優しい強盗のボス

強盗のボスは仲間は容赦なく

撃つんですが、主人公たちのことは

なかなか撃ちません。

 

手下たちも、いつも主人公よりも

先に銃を向けたりするんですが

毎回撃たないので、逆にやられてしまいます。

これはボスの教育の結果なんでしょう。

 

かと思えば、絵を持っていた

お爺さんはいきなり撃ったりします。

しかも大事な絵画がある部屋で。

 

お爺さんを撃ったシーンは本当に謎。

判断基準が良く分からないボスです。

部下はきっと苦労していると思います。

まとめ

リーサル・ウエポン!?と期待してはダメです。

その要素はないので。

 

でもメル・ギブソンの出演映画を

久しぶりに見れたので

その点は満足できました。

 

もう少し主人公とメル・ギブソンの

からみをうまく増やしてもらえたら

面白かった気がしますね。

 

キャスト

✅ 監督 マイケル・ポーリッシュ

✅ メル・ギブソン(レイ役)

頑固な元署長。病人ではありますが

それに負けずに活躍します。

もう少し活躍させて欲しかった。

✅ エミール・ハーシュ(コルディーロ役)

元相棒兼恋人を撃ったという

トラウマを抱えている主人公。

ニューヨークからプエルトリコに

転属できるのかが疑問です。

 

普通の地元の警官という感じで

トラウマ以外の特徴がないため

主人公にしては印象が残らない。

 

最後、車の鍵を強盗に渡してましたが

トロイに逃げろと言ってたから

てっきり車の鍵を渡してたのかと

思ってました。

 

ハリケーンの中、けが人を抱えながら

病院に行けってことだったのかな。

そうだとするとトロイにとっては過酷すぎる。

✅ ステファニー・カヨ(ペーニャ役)

主人公同様、今一つ見せ場がない。

レイとその娘が強すぎて

完全に食われてしまった感じ。

 

主人公が影が薄いので

必然的に相棒もそうなる。

✅ ケイト・ボスワース(トロイ役)

レイがあまり活躍の場がないので

代わりに主人公ばりに活躍してしまう。

もはや主人公だった気がする。

 

レイの教育がもはや虐待のような

気もしましたが、よくひねくれずに

育ったなと思いました。

✅ デビッド・ザヤス(強盗のボス役)

仲間に厳しく、敵に優しい。

あれだけ主人公たちを撃つ

チャンスがありながら撃たない。

 

そんな感じなので、主人公が

撃たれる気もせず、緊迫感がなくなってしまう。

関連サイト等

リーサル・ストーム公式サイト

 

リーサル・ストームを見るのにおすすめな動画配信サイト

「リーサル・ストーム」を見たいと
思ったら以下の動画配信サイトがおすすめです。

dTV

[初回初月無料おためし]月額550円(税込)で
見放題の定額制動画配信サービス。
簡単登録でいますぐお楽しみいただけます!

dTV初回初月無料おためし登録はこちらから

 

プライムビデオ

[初回初月無料おためし有]月額500円(税込)で
見放題の定額制動画配信サービス。
最初の30日は無料でおためしできます。

Primevideo30日間無料サービスに登録する

スポンサーリンク

-アクション, 映画

© 2022 なごむブログ Powered by AFFINGER5