ドラマ 映画

億男 ネタバレ映画感想

あらすじ

保証人になっていたために、借金を背負ってしまった
一男。おかげで家族とも離れ離れに。
そんな時、くじ引きで当てた宝くじがなんと当選。
一男は突然3億円を手にすることになる。
使い方に迷った一男は、大学時代の親友の九十九に
相談を持ち掛けるのだが、九十九は3億円とともに
いなくなってしまう。
九十九を探すため、いろいろな人と出会うことになる。

感想

  • 九十九はどこまで予測していたのか。
  • 一男は、本当に九十九を信じることができていたのか。
  • 一男の嫁は、嫁としてどうなのか。
  • 九十九はどこまで予測していたのか

    借金生活から、いきなり3億円を手にしたら、
    それはもう180度人生は変わると思う。
    一男は、九十九が消えたことがきっかけで
    九十九の当時の仲間に繋がることになり
    大金を手に入れたあとのその後の人生が
    どうなっているのかを知ることができた。

    その結果、お金だけでは幸せになれないことに
    気付くことができた。(たぶん)
    九十九が、どこまで計算していたかはわからないが
    自分が以前起業した仲間の元を訪ねていくという
    ところまで予測していたのかもしれない。
    もし予測しているとするとなかなかの策士だ。
    さすがに大金を持ってあとをつけていた
    わけではないので、最後電車に乗るところまで
    すべて見通していたのだろうか。
    そう考えると恐ろしい男だと思う。

    一男は本当に九十九を信じることができていたのか。

    実の兄弟に、借金を背負わされたのに
    親友と思っていた相手が、3億円とともに消えた。
    この時点で、もうすぐにでも警察に駆け込む
    レベルの話だと思うが、一男はそれをしていない。
    いくら親友とはいえ、それはちょっと考えがたい。
    過去のトラウマもあるのに、お金で失敗したくない
    そういっているのに、
    本当にそこまで人を信じることができるのか。
    これは設定的に無理があるように感じた。

    一男の妻は妻としてどうなのか。

    一男の妻は、お金ではないという話を
    していた。確かに、お金がすべてではないとは
    いえ、借金も返さないといけないのである。
    それなのに子どもの夢とはいえ、
    あの習い事の金額はどうかと思う。
    この2人で稼いでいる経済力が
    どれほどかわからないが、限度を知るべきではないか。
    家族として、もっと支えあうようにしなければ
    あまり、そういう努力の後は見えないように思える。

    ラストシーンでは、娘に自転車を買ってくれて
    妻が微笑むシーンで終わっていた。
    一男が、昔みたいに戻ったと喜んでいるという
    表現なのかもしれないが、伝わりにくい。
    結果的に自転車を買うお金ができた、好きなものを
    買うことができるということになり、
    結局お金じゃないのかなと思った。

    まとめ

    お金を稼いでも、みんながみんな幸せではない。
    お金が人を不幸にすることもある。
    ただ、個人的には、結婚生活というのは
    お金がないとだめっていうところは現実問題である。
    愛があればお金なんてというのは、幻想だと
    思っているので、全部が全部共感できるわけでは
    ない内容だったが、いろいろな視点、立場に
    なって考えることができた作品だった。

    おすすめ度 ★★★

    人生の教訓にしようと思ったこと

  • 大金を手に入れても、本質的な部分は変わらずにいよう。
  • 連帯保証人にはならないようにしよう
  • 夢は買わないと当たらないということで買いに行こう!
  • キャスト

    監督 大友啓史

  • 佐藤健(一男役)
    親友が3億とともに消えたのに、まったく怒らない。
    お人よしなのか、なんなのか。
    借金のせいで、なんだか人生遠回りに見たいに
    なってしまって、ややかわいそう。
    九十九と行った旅行先でも、倒れて入院した
    だけではなく、その時壊した商品を弁償
    となったりと、とりあえず運がない。
  • 高橋一生(九十九役)
    親友のためとはいえ、3億とともに消えるという
    とんでもないことをやる男。
    消えている間仕事は大丈夫だったのだろうか?
    警察に通報されたらどうするつもりだったのか?
  • 黒木華(万佐子役)
    お金ではなく、以前の一男に戻って欲しいと
    願っている様子。別居したり、無理してまで
    習い事に通わせたりと、結婚相手を支える
    気があまり感じられない。別居している意味も
    よくわからない。
  • 池田エライザ(あきら役)
    おそらくは、九十九の同僚と一男を
    つなげるためだけの役どころ。
    金持ちとつながりたい人。
  • 沢尻エリカ(十和子役)
    お金を壁に隠したりしている。
    銀行に預ければいいものを、やはり病んでいる
    ようにしか見えない。
  • 北村一輝(百瀬役)
    まったく北村一輝とは気づかなかった。
    ケチだと思う。一番金持ちにありがちな
    キャラではないかと個人的には思う。
  • 藤原竜也(千住)
    正直、この映画の中で一番好きなキャラクター。
    このセミナーは受けたくなる。
  • スポンサーリンク

    -ドラマ, 映画

    © 2022 なごむブログ Powered by AFFINGER5