ドラマ 映画

鈴木家の嘘 ネタバレ映画感想 家族の自死あなたならどう向き合いますか


(C)松竹ブロードキャスティング

あらすじ

ひきこもりだった長男の浩一がある日突然自殺した。最初に発見した母親はショックのあまり記憶をなくしてしまう。

長女と父親は、とっさの嘘で浩一が引きこもりをやめて働きだしたと伝えてしまう。嘘をつき通すためあらゆる手段をつかうのだが。

予告編


鈴木家の嘘

■Prime Video
鈴木家の嘘
監督 野尻克己
出演 木竜麻生

感想

家族の自殺という重いテーマではありますが、ところどころコミカルな表現も交えてあります。もしそういうことになったらと考えさせられる作品でした。

息子の自殺現場を目撃した母親。さらに目撃し気を失った母親を見つけた妹。実際にあったらけっこうなトラウマになる案件です。

気を失った母親は、意識を取り戻したものの記憶を一時的に失ってしまった。ショックを与えないよう、咄嗟に浩一は引きこもりを始めたと嘘をつく。

嘘を事実に変えるため、親族でうそを付き通すことに。

嘘っていうのは、やっぱりどこかでほころびが生まれたり、嘘をつくこと自体への葛藤が出てきてしまう。そういう個々の思いも、少し描きながら家族それぞれに焦点を当てていく。

様々な思いが想像できるが、一番の身内に対して、本当のことが言えないというのはかなりつらいこと。とっさに出た優しいウソではあるが、そのウソに気持ちの面で振り回される家族は本当にみていてつらくなる。

家族のだれもが、ああしてれば、こうしてればという葛藤があるのは当然でつらいところ。

そんな中でも、家族同士で思いをぶつけあったり、また別の所で思いをぶつけたり、死んだ息子が生きた証ををたどる父親だったり、そういったことを繰り返しながら、浩一の死を家族で乗り越えていく。

物語の中で、最後までだれか判明しなイヴについては、浩一のことを知っている数少ない人物。最後に家族で会いに行くシーンは、家族の中で浩一の数少ない一面を知ることができる希望のようなものなのだと思う。

結果的に描かれはしないのですが、それほど互いに思いが強いようであれば、やはり浩一は自殺していないだろうと思うので、どちらかというと一方的な気持ちであるか、それともたまたま知り合った家族以外の誰かに何かを残したかったのか・・・そういうところのようにも思えます。答えはないと思いますので、このあたりの解釈は人それぞれですね。

まとめ

家族の自死というのは、なかなか経験することではないです。

身の回りでそういう話も聞きますが、当人にならないと本当の気持ちはわからないので想像でしかないですが、残された家族の葛藤など、そういったことを知ること、想像することも大切だと思うので、ぜひ視聴して欲しい作品です。

キャスト

監督 野尻克己

岸辺 一徳(鈴木 幸男役)

息子の生前の手がかりを元に風俗店に乗り込んでいく。息子のことを少しでも知りたかったんでしょう。最後はその執念が実って無事に相手の居場所を突き止めることができました。

原 日出子(鈴木 悠子役)

息子の自殺現場を見てしまい、記憶を失ってしまう。それほどの衝撃がやはりありますよね。そういう場面に遭遇したら、理性を保てるか不安です。

木竜 麻生(鈴木 富美役)

兄の死に対して、母親に咄嗟に嘘をついてしまう。兄に対しての気持ち、兄に接する母親に対しての気持ち、一番心の中で、モヤモヤしたものが残っていた。特に兄に死ねばって言ってしまい、それが影響したわけではないと思うが、結果として死んでしまった兄に対して、そういう言葉をかけたことにも後悔が残ったのでしょう。

いろいろと辛い葛藤が描かれています。

加瀬 亮(鈴木 浩一役)

なぜ死んでしまったのか、何があったのかはほとんどわかりません。自死を選択したのには、それ相応の理由があったのでしょう。

大森 南朋(吉野 博役)

少し暗いテーマの中で、ちょっと物語に明るさを提供してくれる役どころ。自分の仕事だったり、結婚だったりにも影響してちょっとかわいそうでした。

映画を見るのにおすすめなサイト

ネットで映画が見れるサイトはたくさんありますが、こちらのブログでは主に下記サイトを利用しています。映画の感想を見て、映画を見たくなったらぜひ参考にしてくださいね。

[初回初月無料おためし]映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス。
簡単登録でいますぐお楽しみいただけます!

スポンサーリンク

-ドラマ, 映画

© 2022 なごむブログ Powered by AFFINGER5