サスペンス 映画

水曜日が消えた ネタバレ映画感想 目覚めたら1週間後って生活になったらどうしますか?


(C)2020「水曜日が消えた」製作委員会

あらすじ

ある事故がきっかけで、異なる7つの人格が形成された少年。7つの人格は決まった曜日に現れる。

ある日、火曜日の僕が目覚めたのは水曜日だった。水曜日の人格が消えたこの日から少しずつ生活に異変が現れる。

予告編


水曜日が消えた

■Prime Video
水曜日が消えた
監督 吉野耕平
出演 中村倫也

感想

7つの異なる人格がそれぞれの曜日に現れるという多重人格を扱った作品。

目覚めたら1週間経過しているというのを想像するとすごいことだなと思う。自分であることは間違いないのに、毎日別の自分がそれぞれに生活しているというのは面白い設定。

付箋でやりとりしながら、7つの人格とうまく共生していて、それぞれの人格が全く違うライフスタイルを持っている。自分が当人になったら本当によくわからない状況で混乱してしまう。よく共生できているなと感心します。

この7つの人格ですが、残念ながらほぼ出番がなく、最後の最後で少し出てくるくらい。あとは、火曜日の人格の視点で見えることで想像するしかない。

できることなら、7つの人格を劇中で全部演じ分けて欲しかったところ。あえてそうしなかったのかもしれないけれど、そういう展開を楽しみにしていたのでちょっと残念。

火曜日だけに視点を当てたことで、より見ている側にとって水~月曜日までの空白の時間を、体感させることにもつながったのかもしれない。

また、いろいろわかりづらいことが多かったなというのも感想の1つ。

物語中盤では、他の曜日の人格も消えていることになっていたけれど、ここの表現がややわかりにくく、消えていることを示唆している描写に気付きにくかった。何か異変が起きているのかなという程度、これは私の理解力のなさだとは思いますが。

それから、同級生の女の子が、そこまでして力になろうとした理由。幼少期から見守ってきた先生の心理的描写、先生がなぜ結果を改ざんしていたかなどちょっと理由がわかりづらい。

最大の疑問は、この多重人格の子の生活資金はどこからきているのかということ。

働いているような人格もいるように見えるけど、まさかそれだけで稼いでいるようにも見えない。どこからか支援のようなものがあるのかわかりませんが7つの人格を持って働いているのであれば、その働き方は見てみたかった気がします。

この7つの人格をもっとフル活用しているものも見てみたかったですね。

まとめ

次の日があるってこと、好きなことが好きな時にできるっていうのは素晴らしいことだと思います。

やりたいことがあるけどできない人も大勢います。

好きなことができる環境にいることができることに感謝して生活したいとあらためて考える作品でしたね。

キャスト

監督 吉野耕平

中村倫也(月~日曜日役)

毎日人格が入れ替わるというあり得ない状況になっている。事故のどういう影響でそうなってしまったのか、治療費はどこからでているのかなど、疑問が尽きない子。

石橋菜津美(一ノ瀬役)

同級生で小学生の子に好きだったからという理由で、7つの人格を持つ子の友達になるという普通はそんなことしないだろうと言うことをやってしまう。一番何かかわいそうだったけど、最後はなんだか救われてたのかな。

きたろう(安藤先生役)

主人公の人格を守るために、データ改ざんしていたということかわかりませんが、一番目的が不明な先生。

深川麻衣(瑞野役)

水曜日が好きだった女の子。火曜日は自分相手に失恋したことになるのかな。7つの人格があると打ち明けた時にどういう反応をするのかが見てみたいところ。

映画を見るのにおすすめなサイト

ネットで映画が見れるサイトはたくさんありますが、こちらのブログでは主に下記サイトを利用しています。映画の感想を見て、映画を見たくなったらぜひ参考にしてくださいね。

[初回初月無料おためし]映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス。
簡単登録でいますぐお楽しみいただけます!

スポンサーリンク

-サスペンス, 映画

© 2022 なごむブログ Powered by AFFINGER5