ドラマ 映画

武士の献立 ネタバレ映画感想

あらすじ

加賀藩の料理方である舟木伝内に
料理の腕を見込まれて、嫁に来て欲しいと
頼まれた春。一度断るが、伝内の強い要望により
舟木家に嫁ぐことに。息子の安信は、料理方の
仕事に不満を持っており、もっぱら剣の腕だけが
上達していた。春は、そんな夫に料理指南を始める。

ネタバレあらすじ感想

料理の腕

食べたのか食べてないのかわからないが、
劇中見る限り、食べた様子もなく、
伝内のなぞかけに正解して見せる春は、
舌がどうとかいう話ではなく、小さいころから
料理に携わってきた、勘や経験がものすごいことに
なっているんだと思われる。料理方からすれば、
それほどの才能があれば、嫁に来て欲しいというのも
うなずける。それほどの才能を見て取れる。

離縁されたという設定

いろいろ言いすぎて離縁されたという
設定になっているが、料理方のお役目がいやだと
夫が言ったときに、それは聞きづてならないと
話したこと以外は、この強気な設定はほぼ出てこず、
常に夫を立てようとするところからみると、
その設定キャラがほとんど出てこない。
そのため、離縁されたと聞いたイメージと
春のイメージがまったく合わないことに
なってしまった。

料理人よりも武士として活躍したい

料理人は武士ではないという考えが安信には強い。
武士として、何か活躍したい場を求めたいのだと思う。
それが、料理人ではやはり達成できないと考えている。
現代社会では、親の仕事を継がないといけないと
いうことは、少なくなってきたのでしょうが、
自由のあまり聞かない時代としては、
やはりやりたいようにできないことが、
窮屈に感じていた人もいるのでしょう。
生まれる家は選べないのです。現代では、自由に
仕事も選択できる。それは幸せなことだなと思いました。
安信は、最終的に、この料理方のお役目が良かった
というようなことは、一言も述べなかったように思えますが
経験を通じて、考えは変わったのでしょうか。
きっと変わったんだろうと思いたいと感じました。

藩主襲撃未遂

いろいろな派閥もある中で、やはり武士として、
何かを残したいと考えた安信は、藩主の襲撃に
加担しようとしてしまいます。
春の機転で、安信はそれに加担できなかったのですが
本人としては、本当に無念だったのでしょう。

個人的には襲撃とか、そういう危ないことには加担したくないので
まったく気持ちはわからないのですが、簡単に人に命を
奪ったり、また、そういうことに加担して、命を落とすことも
あってはならないことだと思います。
安信が、加担できなかったことは、本当に良かったと思います。
やはり、友達は選ばないといけません。
春の生きて欲しいという思いが、本当に強くて良かった。

春逃亡

未遂に終わったのち、判明による大仕事を終えた後
春は家を出てしまいます。どうやって住処を見つけたかは
なぞですし、安信もそのあと春の居所を無事見つけるのですが
いったいどうやって見つけたのでしょうか。
家出からどのくらいで見つけたのかはわかりませんが、
その探索能力に関心しました。

まとめ

タイトルやパッケージから、コメディ路線かと
思いきやそうではなく、意外とシリアス。
仕事に対しての思い、親の気持ち、夫婦間の
問題などなど、うまく描かれていたのでは
ないでしょうか。武士の献立という割には、
それほど料理がクローズアップされることは
なかったので、もう少しそういう要素も
あっても良かったのかなと思いました。

全体を通して、誰もが思い通りにいかない
ことを抱えているということが印象的でした。
これはこの時代だからからもしれません。

やりたい仕事ができないとか、
家のことが関わって、思いとは裏腹な結婚を
したりとか、時代が時代なのでしょう。
現代では、比較的、自分の考えが通る時代です。

ある程度、進む道が決められているのと
自由に進む道を決めることができるのでは
どちらが幸せなんでしょうか。
生きていることを実感できるのは、やはり自由に
進めることかもしれません。

評価/キャスト

オススメ度 ★★★

ジャンル:ドラマ・時代劇

監督:朝原 雄三

出演:

  • 上戸彩(春役)
    強気な嫁という初期設定だったと
    思いましたが、夫を支えるいい嫁でした。
    もっと強気な嫁をイメージしていたら
    まったく裏切られました。
    料理の腕前は、伝内とはどちらが
    上なのでしょうかね・・・。
  • 高良健吾(安信役)
    自由な次男坊だったのだが、
    長男が亡くなったことで、
    人生が大きく変わってします。
    こうありたいという自分の思う姿との
    実際に示された道が違いすぎて、
    一番もがいている気がする。
    ずっとしかめっ面なので、
    たまには笑うといいでしょう。
  • 西田敏行(伝内役)
    春の料理の腕を見抜き、引き抜いてくる。
    一番人を見る目があったのでしょう。
    当主として、やはり貫禄があります。
  • 余貴美子(満役)
    いじわるな姑役かと思いましたが、
    ものすごくいい人でした。
    母親としての気持ちを伝え
    安信を諭した姿が印象的です。
  • 緒方直人(大槻役)
    安信を危ない道に引き込んだ人。
    後ろ盾をなくすと、とんでもない
    不幸になるのは、この時代でも
    現代でも同じなのではないかと思う。
  • 成海璃子(佐代役)
    安信とは結婚できず、嫁ぎ先は取り潰し、
    旦那は死亡・・・。
    なんだか一番不幸になったような気がします。
  • 柄本佑(定之進役)
    安信を危ない道に引き込もうとした友人。
    過激なやりかたではなく、もっと
    いい方法を見出して欲しかった。
    なまじ強いと、力ずくで行ってしまうのですね。
  • スポンサーリンク

    -ドラマ, 映画

    © 2022 なごむブログ Powered by AFFINGER5