サスペンス 映画

ロスト・ボディ ネタバレ映画感想 悪いことをすると悪いことが返ってきます。


(C)2012 Rodar y Rodar Cine y Television/A3 Films. All Rights Reserved

あらすじ

法医学研究所の警備員の男が交通事故にあった。
警備員は、施設の警備中に施設から逃げ出し道路で事故にあった。
なぜ事故にあったのか、不思議に思い警察が調べると
遺体が一体なくなっていた。警備カメラも1つを残し
切られている。いったい何が起こったのか。遺体はどこに行ったのか
原因を追究していく。

予告編


感想

遺体が消えるという奇妙な事件。
最初から最後まで、緊張感というか、なぜというか
そんな感覚で見れた映画。久々に、そういうことかと
虚をつかれた映画だった。

妻のマイカが亡くなり悲しむ夫。
しかし、妻の遺体が消えてしまうことで、
警察の目は夫のアレックスに向くことになり
割と簡単に犯人と疑われてしまう。

終始話は、警察と夫のやりとりになり、
最終的に、夫の犯行を認めさせるために
警察が証拠を集めていくというような展開に
なるのかと思いきや、実は妻のマイカが
生きているんじゃないかという展開に。

夫の過去の記憶も回想で流れるたびに
この妻なら、実は生きていてもおかしくない
という印象を与えられたため、
どこでマイカが出てくるのかと思って
見てしまった・・・。まんまと騙された。

確かに警部の過去の話などもあり、
この警部の話は伏線なんだろうけど
なかなか回収されないなと思ってました。
思ってただけど、半ば忘れていたときに
まさか、マイカとアレックスが警部が
復讐したい相手だったという展開に
なるとは予想外でした。

アレックスの不倫相手も、まさか警部の
娘とは、ちょっと予想ができない展開でした。
復讐のためには、不倫相手もやるなんて、
覚悟が違いすぎる・・・。

まとめ

アレックスの心境に同調していって、
見ているこっちも、マイカは生きていると思ってしまった。
過去も振り返りつつ、実はマイカは生きているんだよ
っていうことをうまく刷り込まれた。
ここまで虚を突かれたのは久しぶりで、非常に楽しめました。

おすすめ度 ★★★

人生の教訓にしようと思ったこと

  • 不倫はしない。
  • 恨みは買わない。
  • 警備員の仕事はしない。
  • キャスト

    監督 オリオル・パウロ

  • ホセ・コロナド(警部役)
    妻を亡くし、マイカとアレックスに
    復讐する機会を狙っていた。
    怒りっぽいのは、復讐相手が近くにいたからだろうか?
  • ウーゴ・シルバ(アレックス役)
    見事に騙されてしまったかわいそうな役。
    なんで、鎮静剤を買いに行ったなんて嘘を言ったのか。
    もう少しましな言い訳があったんじゃないか。
    自分の不倫相手が、復讐を狙っているなんて、夢にも思わない。
    劇中、常に何かに追われた挙句死んでしまうという
    当然の報いといえば報いなのでしょうがないのか。
  • ベレン・ルエダ(マイカ役)
    ちょっと不倫されてもしょうがないだろう
    というキャラをしている。個人的には、この人が
    妻だったらうざいと考えるだろう。
  • アウラ・ガリード(カルラ役)
    復讐のために生きてきたのかと思うと
    本当にかわいそうな子。
    親子そろってけっこうな覚悟で臨んだんでしょう。
  • スポンサーリンク

    -サスペンス, 映画

    © 2022 なごむブログ Powered by AFFINGER5