ドラマ 映画

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 ネタバレ映画感想 あきらめないことが大切です


(C)2010「RAILWAYS」製作委員会

あらすじ

一流企業に勤める肇は、昇進も決まり仕事は充実し成功していた。
そんな折、島根に住む母親が倒れたと知らせが入る。
悩んだ末、肇は故郷に帰り、子供の頃の夢である電車の運転士に
なることを決める。

予告編

感想

自分自身の年齢や状況によっても映画の感想は変わるかなと思いました。
これから新しいことを始めようと考えている自分にとっては、
完全に自分と重ねるわけではないですが、感情移入しやすい作品でした。

49歳にして、電車の運転士を目指すというのは、本当に周囲から見れば
無謀とも思えることですが、肇はこれをやりとげます。
本人のポテンシャルの高さもあるのでしょう。さすが仕事で出世するだけは
あります。それに加えて、本人の夢をかなえるという意思の強さも
あってかなえることができたのだと思います。

娘との関係も仕事ばかりの時は、どんどん悪くなるばかりでしたが、
電車の運転士になってからは、関係性も良くなります。
母の容体が悪くなった時も、周りがサポートしてくれたりして
かけつけることができるようにもなっていました。以前の仕事のまま
だったら、仕事を優先して、家族のことも後回しにしていたと思います。

仕事ばかりの人生が悪いとは言えませんし、それはそれで生き方だと思います。
自分は、仕事で成功しているわけではないですが、仕事仕事で家族のために
やってることはほとんどないですね。この生活にはやはり疑問がありますし
そういう意味で、主人公のおかれている状況と重ねてしまうのかも
しれないですね。自分も目標を立てて、それに向かってがんばりたいと
思わせてくれるような映画でした。

田舎の電車の運転士ですが、その人たちとの交流やその土地の風景など
のどかな感じも楽しめました。

まとめ

仕事ばかりでつかれているようなそこのあなた。
ちょっと見てみてはどうでしょうか。
夢はあきらめなければかなうんだ!と、背中を押してくれるような映画です。

おすすめ度 ★★★

人生の教訓にしようと思ったこと

  • 目標を持って、それをかなえようとする意志が大事
  • 家庭も仕事大事にして、人生を充実させよう
  • キャスト

    監督 錦織良成

  • 中井貴一(筒井肇役)
    49歳で電車の運転士になろうという決断はなかなかできない。
    ましてや家族もいるし。経済的な余裕もポイントにあるので
    その辺はうらやましい。
  • 高島礼子(筒井由紀子役)
    自分でお店を開業してしまう妻。夫婦そろって仕事ができすぎな
    気がします。
  • 本仮屋ユイカ(筒井倖役)
    都会に住むわがままな娘かと思いきや、実は思ったよりいい子だった。
    電車に自転車で追いついたのは、祖母を思う気持ちのなせることかな。
  • 三浦貴大(宮田大吾役)
    怪我でプロの道をあきらめて、不貞腐れていたものの
    肇の話を聞いて、心を入れ替える。肇と違い、夢をあきらめ
    ないといけなかった立場。そういった大きな目標を持ったことが
    ないので、あきらめないといけないのは、どういう気持ちなんだろうか
    と考えてしまう。
  • 橋爪功(大沢社長役)
    懐の広さが半端ない。
    49歳を雇うという英断を下せる。また、電車を子どもが運転してしまう
    という出来事に対して、会社の責任として、個人を追求しない
    姿勢をとっている。社長として素晴らしい姿勢であると思います。
  • スポンサーリンク

    -ドラマ, 映画

    © 2022 なごむブログ Powered by AFFINGER5