ドラマ 映画

Sweet rain 死神の精度 ネタバレ映画感想 悔いのない人生を生きましょう

あらすじ

死神の千葉は、人の生死を実行か見送りかを
判断するために、対象者と接触する。
人の死に興味のない千葉は、ほぼ見送りと
決めつつも仕事と割り切り審判をくだす。
ある日の対象者は、コールセンターで働く
藤木一恵。いつも通り接触を試みる。

感想

人間生きていれば、後悔なく
人生を全うできると思わせてくれる映画。
今、いろいろ継続している人には
良い映画だと思う。

まだやり残したことがあれば、「見送り」、
そうでなければ「実行」というところで
ある程度の基準はあるようだが、会話から
するとほぼ、「実行」となってしまうようだ。
死神につかれたら、生き残るのは困難。

ただ、その評価だと冒頭の小さな子どもは
やり残したことだらけじゃないかと疑問も残る。
そのため、きっと基準はそれだけでは
ないのだろう。

最初は、1つ1つオムニバス形式で話が
進んでいるのかと思っていたものの
実は、3つの話がすべてつながっていると
いう話。しかし、あの若いころの姿から
最後の年をとったキャラクターはだいぶ変わりすぎて
ここに至るまでにいったい何があったんだと
つっこまずにはいられないほど。

最後は、青空を知らない死神が、
初めて青空を見て、心奪われてしまう。
死神が、人の死について、感情をいだいて
しまったら、審判を待つ人にとっても
大きな影響を持ってしまう。死神としては、
そういう感情は持たない方がいいのかもしれない。
この感情の変化は今後の仕事に影響が
出そうな気がする。

まとめ

最初は今一つ、つながりがわからなかった。
ちょっと鈍すぎかもしれないけれども
やはり2回見ていくと、話しのつながりが
わかっていくので、ぜひ2回見て欲しい。

おすすめ度 ★★

キャスト

監督 筧昌也

  • 金城武(千葉(死神役))
    個人的に、金城武の演技はあまり
    上手じゃないと思っているんですが、
    演技が上手じゃないことが、
    人間界の言葉などでうまく合致しなかったりする
    そんなどこか外れた部分をうまく表現できていて
    結果オーライになっているので、役としては
    金城武でよかったと思う。
  • 小西真奈美(藤木一恵の若い頃役)
    コールセンターで働くもクレームに悩まされる。
    親しくなる人間が早くに死んでいくという
    周りを不幸にするタイプなのかもしれない。
    クレーマーと思っていた人物に見出されて
    歌手デビューという波乱万丈な人生を送ることに。
  • 三石研(藤田敏之役)
    とても部下思いの上司。
    弟分を救うために、1人で殴り込みに
    死神の助けもあってかっこよく助けるものの
    あっけなく交通事故で死亡するというあっけなさ。
  • 石田卓也(阿久津伸二役)
    部下思いの藤田を裏切りながらも
    やっぱり裏切れないみたいな優柔不断な性格。
    藤木一恵の息子。最後は子供もできていて
    更生できたことがうかがい知れる。
  • 富司純子(藤木一恵の老後)
    あの若い頃からは、想像できない性格に。
    波乱万丈生き抜いた結果でしょう。
    あまりに周りが先に亡くなる為、
    息子も孫も遠ざけて暮らすという
    なんともさみしい老人になってしまった。
  • ↓↓↓映画を見るならDTVがおすすめ↓↓↓

    スポンサーリンク

    -ドラマ, 映画

    © 2022 なごむブログ Powered by AFFINGER5